スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:-- | Trackback(-) | Comments(-)
電車男
またまた映画見てきましたよー!

hitchs.jpg電車男

『ネットから生まれた純愛物語』とか言われているアレです。
なんか『純愛』って言葉が非常にこっぱずかしいのはワタシだけでしょうか。(ノ∀`)

以下ネタバレあり。



電車男・・・某巨大掲示板で繰り広げられた一つの恋物語。
高嶺の花としか思えなかった女性(通称:エルメス)にアタックする電車男を、掲示板の住人たちがアドバイスしたり、応援したり、オロオロしたりしながら見守り、遂に恋を成就させるというお話。


最初、この電車男が映画化されると聞いて「ええー?(猜疑心)」って感じでした。
なんか「売れてるから映画化しよう!」って魂胆がみえみえじゃないですか。こぅ、食い物にされてる感がしてガッカリするというか。
私はこの話をリアルタイムでは知らなかったわけですが、ちょうど書籍化される前くらいにまとめサイトを読んでおりました。書籍化と聞いて「ふうーん、まとめサイトをそのまま文章にするのね。でも活字だと印象変わらないかな?」くらいに思ってたわけです。
しかしこれが映画化することに。映画化ですよ映像化。さすがに「そりゃ無理だべ(ノ∀`)」と。

んでも予告編を見て興味を惹かれた旦那に連れられて映画館へ。



オモシロカッタ! ε= (゜▽゜)
思ったよりずっとヨカッタよー。前半とか笑いどころ満載で、目に涙が浮かびましたよ。w
中谷美紀さんの落ちついたしっとりした感じは、まさにイメージ通りでした。(´▽`)
最初のうち噛み噛みだった電車男も、だんだん普通に話せるようになっていったりとか、そういう内面の成長も見ることができました。
後から知ったのですが、監督さんはウォータボーイズ(テレビドラマ)を撮った方だったのですね。そうか、主役の電車男こと山田孝之さんもこのときのドラマの主役だったのぅ。

二人で会ったり、電話したりといったときに「はて、名前はどうするんだろう?(まさか電車さんとかエルメスさんとは呼ばないだろうしw)と思っていたら、そこはあえて名前を出さずに進んでいました。確かに普通の名前が出てきたらイメージ崩れるしなぁ。いい演出ですな。(´▽`)

映画として盛り上げるために、原作には無いエピソードも入っていましたが、とても自然でうまくクライマックスに持っていっていました。

いやいや楽しませてもらいました。当たり映画を見れてしあわせでする。(´▽`)


余談というか。
電車男の部屋着が百式Tシャツだったり、電気の紐のところにシャアゲルググがぶら下がっていたりと部屋の小物類で死ぬほど笑いましたwww 細かい心配りGJ!!
スポンサーサイト
映画 | 17:03:10 | Trackback(0) | Comments(0)
□ コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Calender
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
10月 « 2017/11 » 12月
FF11 Dictionary
Entries & Comments
ブロとも申請フォーム
Links
PROFILE

Profile

  • Author:きよ
  • 主にFF11について書いてます。
    リンクはフリーですが、
    ご連絡いただけると非常に喜びます。(*ノノ)
Search
FF11 TBP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。