スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:-- | Trackback(-) | Comments(-)
真夜中の弥次さん喜多さん
あれですね。
私はだいたい日記を次の日に書くわけです。
そしたら日付が1日ずれるわけです。
どうすればいいのだろう。うーむうーむ。

あ、基本的に日記には昨日のことを書いてあると明言しておけばいいのか。(新発見)


そんなわけで、昨日見に行った映画の感想です。(´▽`)

yajikitas.jpg真夜中の弥次さん喜多さん(以下ネタバレあり)



(C)2005YAJI*KITA
(C)しりあがり寿(「真夜中の弥次さん喜多さん」マガジンハウス刊)




先日の日記にも書きましたが、二人はホモなわけです。
現実世界の私の考え方としては、別にホモだろうがヘテロだろうが差別しようとは思いません。
なのですが・・・その・・・・・・。

ディープなキスシーンだけは勘弁してください。○| ̄|_

美しくないのですよ、男同士だと。(つД`)
ホモの方々は、できれば人目につかないところで、ちゅーしてください。(ノ∀`)


ああ、映画の感想ですね、感想感想・・・。(野郎ちゅーにショックを受けてる)

まさにバカ映画って感じでおもしろかったです。(´▽`)
ギャグの勢いとか、豪華ゲストがバカなことしてて「こんな人にこんなことさせていいのかー!」とか。
江戸を出ていきなりハーレーに乗って、伊勢まであと3キロの地点まで来てたり。(映画終わるやん)

前半は無条件におもしろかったのですが、ちょっと気になったのが中盤から後半にかけての夢と現実が交錯するところ。
こちら(私)は「これは現実だ」と思ってみてるんですが、なんかちょっと変だなとか感じるんですよ。そりゃ喜多さんの夢の中だから変なわけですよね。
でももともとギャグの塊な映画なわけだし、その違和感も映画の強引さなんだろうと片付けてたわけです。
しかしながらだんだん違和感が大きくなってきて・・・・・・結局夢かよ!! (ノ ゜Д゜)ノ ==== ┻━━┻

途中からもにょもにょしてたので、後半はあんまり笑えませんでした。(´・ω・`)
あと最終目的地のお伊勢さんにはなにがあるんだろう、とワクワクしていたもので、最後まで到着しなかったことに、もにょもにょ。


うーん、今回はちょっと期待しすぎたか。


個人的イチオシ場面:
研ナオコふんする奪衣婆(だつえば)。ハマりすぎてて笑える。w
スポンサーサイト
映画 | 11:11:56 | Trackback(0) | Comments(0)
□ コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Calender
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
09月 « 2017/10 » 11月
FF11 Dictionary
Entries & Comments
ブロとも申請フォーム
Links
PROFILE

Profile

  • Author:きよ
  • 主にFF11について書いてます。
    リンクはフリーですが、
    ご連絡いただけると非常に喜びます。(*ノノ)
Search
FF11 TBP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。